高齢者早期引退と若者正規雇用(1)

老人を養うために跡継ぎになるべき唯一の子供すら育てられない極限的択一となれば、種族維持のためには、老人を間引く方が合理的です。
現在社会ではまさか老人の間引きまではしませんが、高齢者の就労支援をしているとその分若年者の職域が狭まる問題点を01/07/10
「終身雇用制2→若者就職難2」以下の連載その他でくり返し書いてきました。
簡単な例で言えば、定年を1年延ばすと60歳の労働人口分が退職しない・・この退職を前提に新卒の採用をしていた分の採用を手控える結果になります。
55歳定年をじりじりと60歳まで伸ばして来た結果、(最近では実質63歳までの残れる企業が殆どです)その分だけこの20年間ほどで若年者の正規雇用が減ってしまったのです。
(派遣制度が出来たのは、正規雇用の総量減少の経済実態が先にあって、この受け皿のために各種非正規雇用が工夫されたのであって、派遣があるから非正規雇用が増えたのではありません。)
高齢者の雇用延長と若年者の就職難については、01/08/03「ゆとり生活 2」のコラムでも紹介しました。
しきりに労働力不足到来を宣伝して、高齢者の再雇用あるいは労働年齢の引き上げ・延長をキャンペインしていますが、雇用の場が一定のままあるいは縮小傾向にあるときに、高齢者の引退を先送りするとその分若者の就職機会を余計奪うことになります。
現在若者の失業率高止まりが大問題になっているときに、高齢者雇用の延長を政府が呼びかけているのは、雇用問題・あるいは次世代の健全育成の視点から言えば意味不明・・矛盾した政策です。
姥捨て山の時代には、高齢者がいくら元気でまだ働けても農地面積が一定である限り、(2世代で働こうと1世代で働こうと)収量がほぼ一定ですから、一家の収入が変わらないので困った結果、(まだ元気で働けるとしても)高齢者にお引き取り願っていたのです。
現在の日本も同じで、高齢者がまだ元気なら働いてもらえば年金財政が良くなるかと思うと、それは間違いです。
高齢者が働く分若年層の失業を招いているのでは、社会保険や年金負担者総量が変わりません。
現在の年金財政の赤字は、生産に必要な国民必要総労働力量が減ってきているからこれに比例して保険料・年金等納付が減っている面が大きいのです。
高齢者がもっと働いたところで、その分若年層の職場を奪い彼らが失業あるいは厚生年金のない不定期雇用で働くしかないのでは、トータルとして健康保険料や年金等納付者・額は同じになります。
年金等納付額は、(金融・資本所得等から、保険料を徴収しない限り)結局は労働者の労賃の総額に比例するしかないからです。

姥捨てか子棄てか?

農業社会では隠居するとその瞬間から手元不如意で食事の時間に呼んで貰って一緒に食べられるだけで、自分独自のお金を使うことも出来ない肩身の狭い状態に陥るので、それだけでも悲惨ですが、その内に体が弱って自分の身の回りのことすら出来なくなってくると元気な次男坊の部屋住みよりは悲惨だった筈です。
古代には宮廷の官女でさえ病気すると川原に打ち捨てられる習慣であったことを書きましたが、姥捨て山は元気なうちに山奥に捨てに行く話です。
低い川でなく高地の山奥が舞台になっているのはどちらかと言えば、山里の話が多いからだと思いますが、まだ元気なうちに捨てに行くのですから人里近くの川に捨ててくる訳に行かなかったからでしょう。
子供の頃に増え過ぎた子猫を捨てに行くことが近所で多かったものですが、この場合帰って来られないほど遠くに捨てに行くのが習わしでした。
江戸時代になると、江戸に流れて来た身元不明の独り者は別として田舎で一戸を構えている農民の場合、病気した場合寝かせておくだけのことなら数日や1週間くらい(その頃は直ぐに死んだのです)は何ともなかったでしょうが、むしろ元気で長生きされる方が大変だったのです。
ところで、西洋での子棄ての話・・ヘンデルとグレーテル・・お菓子の家が有名ですが、我が国では逆に高齢者の姥捨てがあちこちで行われていたようです。
我が国では今でも高齢者対策が社会問題ですが、あちらでは昔から庶民の高齢者がいつまでも生きている社会ではなかったのかもしれません・・・・。
今の日本は世界トップクラスの長寿国ですが、今に始まったことではなく昔から放っておくと長生きし過ぎる傾向のある国だったのかもしれません。
ところで姨捨山と何故言うのでしょうか?
信州にこの名の山があることからこの漢字が有名ですが、一見漢字が似ていますが年取った女性一般と言うならば本来は姥捨山です。
年取った女性がその対象になることが多かったからこの漢字で良いのでしょうが、部落によっては70歳以上の高齢者を(男女を問わずに)一律に捨てる掟もあったようです。
今で言えば、100歳以上生きているような印象だったのでしょう。
赤ちゃん間引きの高齢者版ですが、あまり長生きされると養いきれない現実があったのは今の年金制度の破綻と本質が変わりません。

高齢者介護と外注1

 家庭における男の切り札はサービスが悪ければ、何時でも離婚・・あるいは家に帰らなくなることが出来るとは言っても、2010-9-19「家庭サービスと外注」に書いたように実際には簡単ではない・・儚いものですが、この辺は老人が子供の世話を受けるようになると、老人・・形式的にはその家は老人のもので気に入らなければ子供夫婦を追い出せるとしても、現実には容易でないのと似ています。
通い婚・サービス業の場合、気に入らなければ遊びに行かなければいいので簡単ですが、嫁取り婚の場合に追い出すのは実際大変だったのとも似ています。
リヤ王の悲劇の真実までは知りませんが、老いて自分で身の回りのことが出来なくなれば、気に入らないからと息子や娘を追い出しても、また誰かに頼らねばならないのが難点です。
例えば2人の子がいる場合に、一人とけんかして残りの一人の所に身を寄せるとそこでもう一度けんかになると行く所がなくなる・・おろそかにされる恐怖で、長男(または長女)との間で波風を立てないようにしてじっと我慢していることが多いようです。
「あまりひどいと娘のところへ逃げ出すぞ」と言える状態が花と言うことです。
昔から「女3界に家なし」とか「老いては子に従え」とか言われていましたが、女性は最後は子に看てもらうことが多かったからでしょう。
最近では介護システムが発達して来たので、社会化・客観化されて身内にかかり切りになってもらう必要が減少して来ましたので、この種の遠慮が要らなくなって来ました。
一旦同居すると気に入らないからと言って子供夫婦を追い出すのが無理となれば、(初めっから子供夫婦との同居をしないで)高齢化した場合自宅を処分して介護付のマンションへ入居する老夫婦が増えて来ていることを、2010-9-12前後「介護の社会化1」以下で書きました。
親しき仲にも礼儀ありと言うように、一定の緊張関係のある通い婚関係のように親子もスープの冷めない距離から通う別居が理想ではないでしょうか?
中高年世代では,「今の子供は当てにならないから」と言うのが普通ですが、子世代と同居し身の回りのことも自分で出来なくなると子供の立場が強くなるのは昔から同じです。
特に隠居分を取り置ける程(水戸黄門のように)裕福な家なら別ですが、江戸時代の武家であれ、農家であれ家督を譲ると今度は息子夫婦が家計の経営者で親夫婦は無収入で養って貰う部屋住みの厄介者に格下げです。
今のように年金等の自前の現金収入のない時代に(江戸時代にも商人はいましたが、ホンの一部です)隠居して家督を息子に譲ってしまうと、農業収入・・あるいは武士の家禄は全部息子の懐に入ってしまう状態・・・隠居分を取り置かない限り親夫婦には一銭も現金収入がありません。

これからの男女関係2

最近相談に来た事例では、結婚数ヶ月後に夫が仕事を辞めて実家に帰ってしまい夫婦の家に戻って来ない事例が2件も続きました。
1件は妊娠中でしたので中絶し、もう1件は既に赤ちゃんを抱えているのに夫が帰って来ないのです。
どちらの件も、夫はあえて(病気でもないし勤務先からやめてくれと言われてもないのに)結婚当時の勤務先を辞めてしまい、夫の実家で無職居候中です。
彼らの主張は、「弁護士相談したが、収入がないので中絶費用も負担する必要がない」と言う従来の社会常識から考えれば破天荒な主張です。 
婚姻破綻の原因を作った夫の方が離婚に際しての慰謝料を払う必要があるか否かは別として、離婚していない段階での婚姻費用分担としては、双方の収入を基準にするしかないので、彼らが弁護士相談した結果どおりと言うしかありません。
ともかく生きて行けないので、上記2件の女性はそれぞれ実家に帰って生活しているのですが、それぞれの女性の親は憤懣やる方ない様子ですが、夫が失業中・無収入のママでは今のところどうにもならない感じです。
(調停になれば何とかなるでしょうが・・・)
現在ちらほら始まっているこのような不安定な夫婦が増えてくると、本来子供が欲しい筈の女性も子を産むのに慎重にならざるをないし、子を産む夫婦が減ってくるのは当然です。
夫が実家に帰ってしまうにはそれなりの原因があるとしても、些細なことを理由にして直ぐに破綻する・・・こういうオスの無責任行動・・数ヶ月性行為を堪能したらもう飽きましたと言う事例が増えてくると、うっかり騙されて結婚したら損だと考える女性が増えて来るのは当然です。
上記事例は独立していない◯◯医師と◯◯士の事例ですが、彼らの資格に目がくらんだ女性(妻の方も医師でしたが・・・)の失敗とも言えるでしょう。
彼らは資格があるので、妻に生活費を渡さない口実のために一時勤務先を辞めても、離婚事件が片付けばいつでも職場復帰出来る強みがあります。
オスの疑似餌(一定期間同棲・性行為したらもう飽きたから家=新婚のアパートに帰らないやり方・・に引っかからないように用心する・・簡単には同棲や結婚をしない社会になってくるのでしょうか。
破綻主義とは言え、男女ともにこのような身勝手な離婚請求が増えてくると何らかのペナルテイーが必要ですが、婚姻期間が短くて財産分与すべきものはありませんし、慰藉料の名目でも裁判所がどこまで認めるか不明です。
従来こうした不始末は法律は別として村社会では社会的制裁があって、あまりにも理不尽なことは許されなかったのですが、今は砂粒のような社会ですから、法律以外に何の制裁もないのを悪用しているのです。
子を産む可能性の低い関係が増えると、女性は何のために男女カップルを構成する必要があるかの問題になって来ます。
子を産まないで時々同棲しては別居することのくり返しのカップルが増えてくると、従来のようなかっちりした・・子育てのための婚姻制度は崩壊しつつあると言うべきでしょうか?

新たなカップル1

現在の破綻主義では子育てが終わって男性の役割の終わったところで、20年前にああ言ったりこんなことをしたりしたことが許せないなどと言って離婚請求出来ることになりかねないので、だまし討ちみたいになります。
こうしたことが続発すれば,男性は先行投資としての家庭維持に努力するよりは、独身のまま老後資金をためて高齢化したら有料老人ホームに入る選択をする人が増えてもおかしくありません。
こうした不信感を除くためには熟年離婚の場合、離婚要件を現在の破綻主義の運用から改めて道徳的にも法律的にもある程度厳格にした方がいいかも知れません。
若年の場合男からの請求が滅多に認められないことの逆ばり運用として、熟年離婚の場合、女性側からの請求には男性の老後保障を求める等です。
裁判で通らなくとも女性が男性の面倒を実際に見なければ同じことですから、この問題は女性自身の自制にかかっていますので、女性の浮気の防止同様に道徳律の役割が大きくなります。
男女ともに相手を信用しないで都合の良いときだけ一緒にいる身勝手な社会にするよりは、お互いが信用して生きて行ける社会・・女性の弱いときには男性が全力で助け、・・・男性が老化して弱ったときには女性や子供が全力で介護する・・・相互の信頼関係こそが幸せな人生・安定した社会となります。
ただし、女性も無理してまで子を欲しくない世代になってくると、結婚自体が淡白と言うか、親しい友達程度・・時々同棲しては、それぞれ実家に帰ることのくり返し程度の交際になって行く可能性があります。(双方通い婚の時代?)
現在そうした淡白系が増えているとも言いますし、最近立て続けに相談に来ている事例では、結婚したとたん数ヶ月で夫が実家に帰ってしまったので困ったと言う相談があります。
持ち寄りと言うか家計も別となってくると、我々世代の夫婦のように渾然一体の関係ではなく資本金を一部出し合って共同事業をしているような感じです。
経費をそれぞれ出し合っている以上の懐具合はお互いにまるで知らないのですから、友人同士の協同企業と関係が変わらなくなってきます。
では何のために一緒になったりするかと言えば、女性はもしもの出産可能性に賭けるのでしょうが、オスにとっては年齢相応の性欲を満たすためだったに過ぎないのかとしか言いようがありません。

免責事項:

私は弁護士ですが、このコラムは帰宅後ちょっとした時間にニュース等に触発されて思いつくまま随想的に書いているだけで、「弁護士としての専門的見地からの意見」ではありません。

私がその時に知っている曖昧な知識を下に書いているだけで、それぞれのテーマについて裏付け的調査・判例や政省令〜規則ガイドライン等を調べる時間もないので、うろ覚えのまま書いていることがほとんどです。

引用データ等もネット検索で出たものを安易に引用することが多く、吟味検証されたものでないために一方の立場に偏っている場合もあり、記憶だけで書いたものはデータや指導的判例学説等と違っている場合もあります。

一言でいえば、ここで書いた意見は「仕事」として書いているのではありませんので、『責任』を持てません。

また、個別の法律相談の回答ではありませんので、具体的事件処理にあたってはこのコラムの意見がそのまま通用しませんので、必ず別の弁護士等に依頼してその弁護士の意見に従って処理されるようにしてください。

このコラムは法律家ではあるが私の主観的関心・印象をそのまま書いている程度・客観的裏付けに基づかない雑感に過ぎないレベルと理解してお読みください。