国(くに)とは?6

明治4年の岩倉使節団に対する明治天皇の署名御璽のある全権委任状(翌5年)を国立公文書館保管のヴィクトリア女王宛の国書委任状原本の写しをネットで見ると第1行目に

「天命に則り万世一系の帝祚を践みたる日本国天皇睦仁敬て・・・」

と書き進んでいます。
最後の睦仁の署名の下にある印璽は「大日本国璽」と読めそうです。
これによると明治5年には、「日本国」の表記が公式に行われていたことになります。
ついでに書きますと、明治21年の明治憲法の前文と第1条の骨格がすでにここに表れているのは興味深いものがあります。
参考までに一部引用します。
明治憲法前文

朕祖宗ノ遺烈ヲ承ケ万世一系ノ帝位ヲ践ミ朕カ親愛スル所ノ臣民ハ即チ朕カ祖宗ノ恵撫慈養シタマヒシ所ノ臣民ナルヲ念ヒ其ノ康福ヲ増進シ其ノ懿徳良能ヲ発達セシメムコトヲ願ヒ又其ノ翼賛ニ依リ与ニ倶ニ国家ノ進運ヲ扶持セムコトヲ望ミ乃チ明治十四年十月十二日ノ詔命ヲ履践シ茲ニ大憲ヲ制定シ朕カ率由スル所ヲ示シ朕カ後嗣及臣民及臣民ノ子孫タル者ヲシテ永遠ニ循行スル所ヲ知ラシム・・・・
御名御璽
明治二十二年二月十一日
第1条大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

「万世一系の帝祚を践み・・」という表現は天武天皇に始まるようですが、天武天皇自体の出自に論争があることは周知の通りですが、いずれにせよ光仁天皇以降は天智天皇系に戻り万世一系で間違い無いようです。
歴史論争とは別にしても明治政府は、記紀記載の万世一系の天皇論でやって行くことに決めていたのでしょう。
倒幕運動の大義に義理のない一般人にとっては、日本列島に住む人を総称する用語として素直に考えると、民(たみ)のままで良いのですが、漢字表示するには2文字漢字にこだわる民族性に合わせる必要があります。
これまで見てきたように、大宝律令の頃から日本列島民族の支配する領域を「日本国」と認識していたとすれば、民を表現する2字熟語としては・・権力に敵対するイメージの強い人民というのは極論なので「国の民」として穏当な国民という用語が良識派によって使われるようになっていたのかも知れません。
日露講和条約反対の日比谷公園での集会はウイキペデイアによれば「国民集会」という名称だったらしいですから、当時の暴徒もロシアとの講和反対というだけで、政府打倒の集会ではないので人民大会とは表現しなかったようです。
このように国民とは「ある国にいる人」を表現する単語であり、人民とは支配される対象としての人間の表示ですから、対になる単語ではありません。
ですから明治政府は日本国民は「人民ではない臣民だ」と反語的に言い返したのでしょうか?
今なお人民を愛用しているのは、中華人民共和国と朝鮮人民民主主義共和国の二カ国のみです。
(ベトナムは共産主義政党の一党独裁国家で中朝とほぼ政体が同じですが、社会主義共和国であって、人民という名称がなぜか入っていませんが、軍は人民軍と称するようです。)
朝鮮人民共和国の人民はどういう扱いを受けているかを見れば、人民にこだわる体制の意味がよくわかります。
中国社会は、中東由来の商業都市国家から始まったことをこのコラムで書いてきましたが、その後の農業社会化の進展で城壁外の土民も支配・搾取対象になってきたので、支配対象として定義づけてきた歴史しかありません。
もともと日本のように同胞から始まっていないので、国民という単語に馴染めなかったようです。
今でも国名を中華人民共和国といい人民日報、人民軍、人民元などあくまで「人民」にこだわっています。
中国では、言語表現は別としても、同胞意識など全くないし、国民を支配対象としてしか見ていませんので、支配に必要ならいくらでも非人道的弾圧可能社会でやってきた歴史です。
国民?の方も、「上に政策あれば下に対策あり」と言うように、国益など問題にしない私益追求第一の生き方です。
https://docs.google.com/document/d/1B_k-2lcstvNhZWWRqkWpEo0Evf1mJlU7NLjlDEZOEak/edit引用の続きです。

「上に政策あり、下に対策あり」がみられる原因は主に以下の4点と考えられる。

引用省略しますが、私の個人解釈ですが、中国人には公の精神が育っていない・・私益追求欲が公益に勝る印象です。
これは政府の人民に対する態度が態度・・政府に敵対する勢力→敵視政策だから、人民も政府敵視の人民のまま・・国益や公益を考える気がしないというと相関関係があるのではないでしょうか?
権力者の方もいざとなれば生身の人間を戦車で踏み潰して弾圧するのに躊躇しない歴史であり、その延長で行なった天安門事件で世界を震撼させました。
世界の反応に中国政府自体が驚いたようですが、今回の香港騒動で中国が天安門事件以来隠してきた本性を表すか忍耐できるかのギリギリの攻防が続いています。
香港の人命を守るために香港人が自国民保護こそが最大使命とするべき自国?政府に頼るのでなく、外国政府・・米国を代表とする欧米の牽制に期待するしかない滑稽な状態です。

国(くに)とは?5

聖徳太子以前から日本列島人が朝鮮半島には任那という拠点・領域を確保していたし、新羅と百済の攻防に関与していることも以前から知られていたのですから、その時の日本列島の諸集団を束ねるトップ集団があったとすればどこの誰だったかの特定が必要ですが、こういう議論が全く聞こえて来ないのが不思議と気がつきました。
私が知らないだけですが・・。
当時も日本列島の集団やその代表者は自分の集団をどのように表現していたか?でしょう。
例えば漢倭奴国王・前漢時代・・紀元前の金印が知られているように、聖徳太子より約600年以上前にも時代に応じた交流があり、多分列島まとめて倭の人たち・・倭国と言われていたことは後漢の記録で明らかです。

漢書』地理志(著者:班固)
夫れ(それ)楽浪(らくろう)海中(かいちゅう)に 倭人(わじん)有り。 分れて(わかれて)百余国(ひゃくよこく)と 為る(なる)。 歳時(さいじ)を 以て(もって)来り(きたり)献見す(けんけんす)と云ふ(いう)。
(原漢文)

漢書は後漢時代に執筆されたものですが、前漢時代を書いた史書です。
要するに紀元前1世紀の日本列島の状況で、列島百余国の代表が訪問してきている様子を書いています。
代表が訪問するということは、代表を送るべき集団がその頃あったということでしょう。
日本がどう思おうと米英では日本をジャパンと呼ぶ事実があり、日本列島人も当時地域最大国の前漢から倭人の国と言われていたので周辺国も倭の国と言ったでしょうし、日本列島人も自国を名乗る時に倭の国からきたと名乗ったことでしょう。
これがある時・・白村江の大敗(663​年10月)以降、多分大和政権が日本列島を代表するようになった時点から、日本国と自称するようになったのでしょう。
冊封体制を前提にすると国というのは如何にも属国になったようなイメージですが、そんな序列意識以前に集団間の交流があったはずです。
秦始皇帝以来の冊封体制を前提にすると、自分の地域集団を「国」というのは隷属前提になりますが、その前の周の時代には支配下の地域豪族を当初諸侯・公と言っていたのが後(春秋戦国)に国となり王となって行ったように変化を経ています。
冊封体制はいわば秦の天下統一以来始まった新しい秩序名称に過ぎません。
秦始皇帝による統一以前→冊封体制成立以前の日本列島では自分の先祖からの地域集団を「くに」と表現していたとしてもおかしくないでしょう。
先祖伝来の表示「くに」に漢字の国を当てただけとすれば、縄文の昔・・数千年以上前からの言語かもしれません。
クニとサトに関するネット検索の結果、以下の通りの意見が見つかりました。
http://k-amc.kokugakuin.ac.jp/DM/detail.do?class_name=col_dsg&data_id=68516

くに

Kuni
区切られた領域・行政的な単位。人間が住む生活領域を指すことばとしてはクニ(国)・ムラ(村)・サト(里)・コホリ(郡)等があるが、万葉集の歌にはムラ・コホリは見られない。これらはともに朝鮮語とみられており、在来の和語としてはクニ・サトが生活領域をあらわす語彙であった。クニは77例、サトは76例、用例もほぼ同数であるが、意味的には顕著な違いがみられる。すなわち、クニの用例中、40例ほどは「知らすクニ」「食すクニ」「まつろはぬクニ」等々、地方的レベルと国家的レベルの別にかかわらず、統治すべきものとしての行政的、政治的な領域を示す語として用いられる。クニは治めるべき場所であり、「国占め」という語に見られるように占めるべき領域であった。これに対してサトは「我が住むサトに」(15-3783)、「サト見ればサトも住み良し」(6-1047)などに典型的に示されるように、住むべき場所というニュアンスが強い。語源的には、サト(sato)のトはミナト(minato)、セト(seto)等のト(to)で、特定の場所を示す語、サは神聖さをあらわす接頭語であろう。人の住む場所を讃美する語である。一方、クニは境界をあらわすクネ(方言)と関連があると思われる。クニの本義が区切られた空間であるとすれば、この語が行政的な領域を示す語として定着する理由は理解しやすくなる。漢字は「邦」(9-1800)、「本郷」(19-4144)が各1例、他はすべて「国」が当てられている。「邦」は「封」に同じく、天子から領有を認められた封土の意であるが、「国(國)」は境界線で囲まれた土地のことをいう。和語のクニと漢字の國は、互いに相通ずる意味をもつ語であった。「天の下に クニはしも さはにあれども」(1-36)のようなアメ/クニの対は天下思想に基づくもので、天の下界である地上のすべてを一つの領域として観念できるようになってからの表現である。

西條勉

和語としてのクニに関する前半部分はど素人である私の直感とピッタリの論説です。
後半「一方」以下の漢字の「国」に当てはめる意見は、冊封体制が始まってからの意見としては、国=冊封された区域という意見があっているでしょうが、私の関心はもっと以前・・三内丸山紀元前5900〜4200年・・まだ中国の周王朝すら誕生前から三内丸山遺跡時代にも交易をしていた以上は、自分たちの居住地域を表す言語があったはずです。
それを国というか地方というか別として最初の言語を知りたいものです。「くに」に邦を当てたり国を当てたりする前の文字到来前の和語としての「くに」とは何かです。